2009年11月12日

初めての入院さC

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ



記憶が遠ざかっていくのを感じたその直後、
看護士さんや先生が何か言ってるのが聞こえてきた。

うっすら目を開けたけど何が見えたかは覚えてない

さっき麻酔かけたばっかりやん…眠い(睡眠)

ってまた眠ろうとしたら

「はい眠らないで!目開けて起きて!」
ってほっぺたペチペチしたのはきっと麻酔の先生やと思う。

だから〜なんで起こすの…

「手術終わりましたよ!わかりますか!?」

看護士さんに言われてやっと気がついた。

「わかりますか!?わかりますか!?」
って何度も呼びかけられてるから
うなずこうとしたらお腹に激痛がどんっ(衝撃)

わかります。って答えようと思っても
のどは痛いはお腹は痛いはで声も出ない。
でもなんとか言わなきゃぁ…
あ〜そだそだ「はい」ぐらいなら言えるかも。
よしがんばろう。

「はぃ…」

おお〜言えたClap
普段ならあたりまえのことなのにねぇ。

「痛みますか?」
って看護士さんに聞かれて、お腹も痛かったけど
それよりもすごく寒く感じてきたので
「お腹…痛い…。寒い…。」
(脚色なしでホンマにしゃべれないのたらーっ(汗)

そしたらモニター見てた看護士さんが
「血圧下がってます。」
って言ってて、

あ〜そうなんだぁ。血圧下がってんだぁ…アタシ。
よくドラマで「先生!血圧が下がってます!」なんて大慌てするシーン
あるよなぁ…なんてぼんやりそんなこと考えてました。

それから先生が

「無事に終わりましたよ。全部きれいにとれましたからね。」

って言ってくれたので

ありがとうございました。ってお礼言って(たぶん言えてたと思う)
時計に目をやると14時半でした。

4時間半経ったんやぁ。

手術なんてあっという間に終わるよ。

とは聞いてたけど本当にその通りでした。
先生達や外で待ってる家族は大変でしょうけどねあせあせ(飛び散る汗)

ニックネーム HIRO at 08:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする