2009年11月08日

初めての入院さB

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ



手術室はひんやりした空気の中に医療機器がいっぱいあって
小さなベッドが置いてありました。
踏み台を使ってよいしょってベッドに上がって横になると
ドリカムの曲が流れてるのに気がつきました。


看護士さんと他愛の無い話なんかしてるうちに
あ、そだそだT字帯のこと聞いとこ〜って思ったので
今度は即質問しましたよ。


だってね〜気になるやん。
今着けてるショーツだってこのままじゃ血みどろになるでしょ。

そしたらね、眠ってる間に脱がさせてもらいますよってね。
T字帯は術後につけるらしい。
ショーツとるわけだから病衣も脱がすってことよねぇ
つまり手術中って真っ裸どんっ(衝撃)
おお〜寒そう!


10時ちょいすぎぐらいになると先生がやってこられて
おはようございまーすって挨拶して
それからちょっと話をしたら

枕元から「じゃあそろそろ始めますかグッド(上向き矢印)」って声が…
その後に看護士さんが麻酔入れますねって言ったから
麻酔の先生の声だったんだと思う。

麻酔が点滴から入りだすと手にチクチクと痛みがはしってきた。
術前説明で聞いてた通りだわ〜

看護士さんにどうですか?って聞かれたので

ホントにチクチクしますね〜って答えたら
麻酔医と思われるの先生の

「まだ2本痛いのが入ってくるからな〜」

と体育会系のノリなお声。

ほほぉ麻酔って何種類もいれるのね〜

なんて考えてるうちに
指先がだんだん冷たくなってきて
とたんにすごく眠たくなって体の力が抜けたような感じになり
意識はどんどん遠ざかっていくのでした。

ニックネーム HIRO at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする